MENU

アコムの3秒診断で適正を確認しましょう

アコムには「3秒診断

 

アコムには「3秒診断」という申込前にお金が借りられるか簡単に確認できる簡易サービスがあります。

 

3秒診断って何?審査とは違うものなの?

3秒診断で悪い結果だと審査に申し込まない方がいい?

 

診断の結果が良ければ審査に受かりそうですし、悪ければ審査に落ちそうに思いますが、
診断から分かる重要なポイントもあるので、申込前に3秒診断は行ってみるべきなのです。

 

ここでは、アコムの3秒診断とは何かを実際の検証をふまえて解説し、検証からわかったことや審査との違いを説明していきます。

 

この記事を読んでアコムの3秒診断を理解していただくことで、申込前の不安が軽減するはずですよ。

 

気になる人は目を通してみてくださいね。

 

アコムの3秒診断は一瞬で借り入れ可能かどうかわかる!

3秒診断は、アコムからお金を借りることが可能かどうかがすぐ分かります。

 

この診断は、確実にアコムがお金を貸してくれるかどうかではなく、あくまでお金を貸すことができるかもしれないという可能性について教えてくれるサービスなのです。

 

ですから、3秒診断の結果が良くても、審査に落ちてしまうことも十分あり得ます。しかし、アコムからの借入が可能だと分かれば、申込しやすくなります。

 

反対に、これはちょっとお金を借りるのが難しそうだと分かれば、いったん手を引く判断もしやすくなります。

 

アコムから借りられるか心配な人は、3秒診断を行うことを強くおすすめします。それでは、3秒診断が評価する内容が何なのかについて詳しくみていきます。

 

3秒診断では、何を見られているのか?

3秒診断の入力項目は「年齢」「年収」「他社カードローンの借入金額」の3つになります。

 

この3つは、アコムの実際の申込のときに必須の情報になりますが、アコムがお金を貸すときの審査通過の最低ラインを確認することができるものなのです。

 

年齢 

申し込み資格の対象者であるか(20〜69歳の安定収入がある方)

年収 

貸金業法で融資額は年収の3分の1までと定められている

他社借り入れ状況 

貸金業法で融資額は他社の借り入れを含めて年収の3分の1まで 

 

特に、アコムは消費者金融ですから貸金業法によって個人に貸し出すことができるお金の上限は年収の3分の1までと法的に決まっているため、その上限を超える貸付はできないのです。

 

3秒診断によって年齢と融資金額の基準を満たしていれば、少なくともアコムに申し込むことができると判断できます。

 

少しでも借入に不安があるならば、まずは3秒診断を受けてチェックしてみましょう。

 

3秒診断を実際にやってみました。

3秒診断がどういうものかを実際に試してみました。

 

年齢は20歳未満、または70歳以上の場合はお借入れ・お申込みができませんと表示されるので分かりやすいでしょう。

 

そこで、ここでは「年収」と「借入状況」の2つのパラメーターの組み合わせで診断結果を見てみることにします。

 

まずは、アコム以外にお金を借りたことがない、もしくは過去に他社のカードローンを利用したことがあるが現在は完済していて他社借入がない人を想定してみます。

 

  • 年齢:20歳
  • 年収:180万円
  • 他社お借入れ状況:0円

 

20歳アコムの3秒診断

 

診断結果は「お借入できる可能性が高いです」となりました。

 

年収180万円の人は消費者金融から60万円までお金を借りることができます。

 

他社借入が0円ということは、すなわち、アコムから60万円を超えない金額ならば融資が可能ということになります。

 

このケースの場合は、アコムへの申込は可能です。

 

ただし、申込時に入力する希望額は60万円未満の金額でなければ審査には通らないので気を付けてください。

 

 

続いて、他社借入が年収の3分の1ある場合をシミュレーションしてみます。

 

  • 年齢:30歳
  • 年収:300万
  • 他社借入れ状況:100万 ※ピタリ1/3

 

30歳アコムの3秒診断

 

診断結果は「お借入の判断ができませんでした」となりました。

 

30歳は20歳〜69歳の範囲内ですから問題ありません。

 

これは、既に年収の3分の1に相当するお金を借りてしまっている状況にあるので、アコムがお金を貸せるか判断ができないのです。

 

3秒診断結果は2パターン表示される

3秒診断の結果は次の2パターンに分類されます。

 

「お借入できる可能性が高いです」と表示されたら、少なくともアコムは申込者にお金を貸してもOKな状態です。

 

  • 合格→お借入できる可能性が高いです。
  • 不合格→お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。

 

一方、「お借入れ可能か判断ができません」となる場合は、100%審査に通らないわけではなく、この3点の情報だけでは判断ができないという意味です。

 

ですから、3秒診断の結果が振るわなくても、本審査に通過することは稀にあります。

 

アコムの3秒診断で重要なのは総量規制を超えていないかどうか

アコムの3秒診断の重要なポイントは、貸金業法の総量規制の違反となる融資になるかならないかを見極める点にあります。
アコムに限らずプロミスやアイフルなどの消費者金融は全て、個人の年収の3分の1をオーバーする金額を貸してはいけないのです。

 

「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした」と診断される理由は、
他社お借入れ金額が既に年収の3分の1同等もしくは超えているためなのです。

 

  • 他社の借り入れ額が総量規制よりもはるかに上回っている、
  • 年収と他社借り入れ状況のバランスが明らかにおかしい

 

ただし、法的ならラインを超えているならば、「判断できません」ではなく「融資不可能」と診断してもいいはずです。

 

そうならない理由は、他社借入にカウントしなくてもいいカードローンがあり、それを含めて3秒診断をしている可能性があるからなのです。

 

総量規制に含まれるもの、含まれないものって何があるの?

総量規制の対象となる借入は次の2種類あります。

 

  • 消費者金融のカードローン
  • 信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠

 

すなわち、プロミスやアイフルなどの他の消費者金融からお金を借りている人は、その借入残高を他社借入として考慮しなくてはいけません。

 

一方、銀行もカードローンがありますが、貸金業法ではなく銀行法という別の法律に従って個人にお金を貸しています。

 

法律が違うので総量規制の対象になりません。

 

信用組合や労働金庫が対象外になるのも全く同じ理由です。

 

カードローンに限らず住宅ローンや自動車ローンも総量規制の対象に含める必要はありません。

 

総量規制対象外
  • 銀行(・農協・労働金庫・信用組合・信用金庫など)のカードローン
  • 自動車ローンや、住宅ローン
  • クレジットのショッピングなど

 

また、クレジットカードのカード払い(ショッピングの支払い)は、割賦販売法であって貸金業法ではないので、アコムの3秒診断の他社借入に含める必要は、銀行同様にありません。

 

先ほど扱った3秒診断の2番目のシミュレーションの結果を振り返ってみます。

 

  • 年齢:30歳
  • 年収:300万
  • 他社借入れ状況:100万 ※ピタリ1/3
  • 診断結果:「お客様の入力情報では、お借入の判断ができませんでした。」

 

数字上は、他社借入100万円は年収の3分の1となるため総量規制の上限となります。

 

アコムから1万円借りるだけでも総量規制をオーバーすることになるので、追加でお金を借りるのが難しいように思えます。

 

しかし、これはプロミスやアイフルなどの貸金業者からの借入があり、その総額が100万円の場合です。

 

消費者金融から80万円、銀行から20万円の借入ならば、銀行の分は総量規制の対象外となるため、アコムで最大20万円までの融資が総量規制上可能になります。

 

3秒診断で「判断ができません」となるのは、例え、既存の借入総額が年収の3分の1を超えていたとしても、他社借入が総量規制の対象になるか・ならないかのチェックができないためなのです。

 

アコムの3秒診断と本審査の違い

アコムの3秒診断は年齢、年収、他社借入の金額の3項目によるチェックでしたが、アコムの本審査はより詳細な情報で行われます。

 

申込内容に基づいて本審査が実施されますから、言い換えればアコムの申込の記入項目が、本審査で必要な情報になります。

 

アコムの申込に必要な情報は次の通りです。

 

本審査の主な審査項目
  • 本人情報(氏名、生年月日、電話番号など)
  • 勤務先情報
  • 他社の借り入れ状況(件数と金額)
  • 住宅情報(住所、持家か賃貸、社宅かどうかなど)
  • 希望融資額

 

これらの情報を元に、返済能力と個人信用情報をくまなく調べて、融資の可否をアコムが判断します。

 

3秒診断で年齢や総量規制をクリアしていたとしても、実際の収入が少なかったり、過去に延滞などしていたりすると、審査に落ちてしまう可能性は十分にあり得ます。

 

結果的に、アコムの3秒診断はするべきなのか?

アコムの3秒診断は無料です。入力も3項目と手間が全然かかりませんし、アコムへ申し込んでもいいのかどうかの判断材料に十分なります。

 

アコムからお金を借りられるか不安ならば、むしろ診断をするべきでしょう。

 

「お借入できる可能性が高いです。
」と診断されれば、アコムの審査のスタートラインに問題なく立てます。

 

一方、これ以外の表示になる人は、年齢か他社借入の金額が原因のはずです。

 

特に、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠による借入金額の合計が年収の3分の1同等かそれ以上になっていることが考えられますから、この状態でアコムに申し込んでも総量規制の関係で、アコムはお金を貸せません。

 

申し込んでも審査に落ちる可能性が非常に高くなりますから、このような人は既存の他社借入の返済を最優先に進めましょう。

 

アコムの3秒診断まとめ

アコムの3秒診断を詳しく解説しました。

 

最後にポイントを整理したので、見ていきましょう。

 

  • 3秒診断は無料。審査ではないので気軽に利用しよう。
  • 3秒診断の良い結果は「お借入できる可能性が高い」です。
  • 診断結果が「判断できません」の場合は、他社借入の金額・内訳を再度確認しよう
  • 銀行や労金、信用組合のカードローンは総量規制の対象外。他社借入に含める必要なし

 

3秒診断をすれば、アコムに申し込み可能かどうかの判断ができます。

 

初めての借入が不安がある人やアコムの審査に通るか心配な人などは、申込前に3秒診断を受けましょう。

 

アコムの3秒診断へ

 

お金を借りるカードローンランキング