MENU

アコムでお金を借りるためには

最短30分の審査スピードで審査通過率もトップクラスなのがアコムですから、どなたにも融資の申し込みをして審査に通過できる可能性があります。

 

インターネットからの申し込みもアコムでは可能ですし、必要な事項を入力して送信してからメールで審査結果が戻るまでがたったの30分と、超特急の早さです。

 

この30分の間についてなのですが、たったの30分だからといって、またアコムは通過率が高いからといって適当に審査をしているのではないのです。この時間に他社での借り入れの額がどのくらいか、また金融事故(長期の延滞や支払い不可など)を起こしていないかなどを信用情報機関を利用して確認しているのです。

 

審査に通るかどうかが心配な人の場合には、アコムのホームページで3秒診断を受けることができますから利用してみてください。

 

匿名で利用が可能ですし必要事項を記入すれば審査に通るかどうかがすぐにわかります。

 

審査に失敗しない5つのポイントについて

 

融資を申し込むと他社での債務などを審査で確認されますが、これについては信用情報機関などを利用して業者が行うことになりますから申込者がどうにかできるというものではありません。

 

しかし審査に通過しない原因は申込者のミスによる場合も多いですから事前にしっかりと確認をするようにしましょう。ここでは審査に失敗しないための5つのポイントについて紹介します。

 

住所・電話番号は正確に記入

 

まず最初に住所や電話番号は正確に記入するようにしましょう。郵便番号や番地などが確認資料と申し込み書で違っていたりすると確認のために時間が必要となりますから、せっかくのスピード審査も無意味になってしまいます。

 

また運転免許の住所変更をしていなかったりすると申し込み書と住所が異なることになりやはり時間がかかることになりますから、必要な人は事前に運転免許の住所変更も済ませておきましょう。

 

勤務先の情報も正確に記入

 

次に勤務先について正確に記入しましょう。退職してお金に困っているという場合に、実際には既に退職したのに今も勤めていると嘘の申告をする人もいるようです。

 

審査では在籍確認の電話が必ず勤務先に入りますので、嘘をつくと無職よりも心象が悪くなります。また審査で落とされる原因にもなりますから嘘の申告は絶対にやめましょう。

 

他社での利用件数は正直に

 

さらに他社での利用件数については正直に申告するようにしましょう。他者での借り入れの金額や件数を少なめに申告する人もいます。はっきり覚えていないからという場合には審査の際に一言そのことを伝えるようにしてください。

 

審査では過少申告は悪い印象を与えます。個人情報機関を利用することでアコムでは確認作業を行いますから、申告内容と大きく異なっていたりすると審査で落とされる場合もあります。

 

年収の申告も正直に

 

また年収についても正直に申告してください。実は年収については審査そのものへの影響は少ないのです。さらに収入証明書の提出を求められればすぐにわかることですからありのままを申告してください。

 

必要以上に借入れ金額は設定しない

 

最後に必要以上の借り入れ金額を設定しないようにしましょう。借り入れ金額が少ないほうが審査には通りやくすなりますので、自分の収入を考えて借り入れ金額を設定しましょう。

 

借り入れの枠については借り入れ後の返済をきちんと行い信用を積み重ねることによって増額することが可能です。