MENU

アコムでは専業主婦の利用は難しいのが現実です

専業主婦でもほんの少し家計のやりくりの中で足りない場合や、きちんとした服を同窓会のために買いたいなど必要な出費が発生する場合もあります。

 

しかし主婦でもパートやアルバイトで少しでも収入がある場合には別ですが、専業主婦で収入が全くないという場合にはアコムで契約するのは難しいのが現実です。改正貸金業法が2010年6月より施行されて借り入れに関するルールの大きな変更がありました。

 

これは借りすぎや貸しすぎを防止するためのものですから、業者への罰則が厳しくなった以外に借りる側についても条件が厳しくなったのです。

 

ですから以前であれば借り入れができたのにこの改正貸金業法以降借り入れを断られるようになったというケースも増えています。またこの時から収入のない専業主婦についてはキャッシングの利用はできなくなっています。

 

専業主婦が借入れする方法はない?

 

この改正貸金業法では一応の例外として配偶者貸付というものが認められています。この配偶者貸付の制度はパートやアルバイトなどで多少の収入がある主婦の場合に限って、収入のある配偶者の同意を得ることで借り入れを認めるという制度になります。

 

このときには「配偶者の年収を証明する書類」「借り入れについての配偶者の同意書」が通常の申し込み書類以外に必要になります。

 

「配偶者の年収を証明する書類」については具体的には直近の源泉徴収票や直近2か月分の給与明細書や確定申告書になります。総量規制がありますので年収の3分の1までしか借り入れができないのですが、この時に配偶者貸付の制度を利用すれば夫婦の年収を合算した金額の3分の1までの貸付が可能となります。

 

ただしこの制度はパートやアルバイトなどで少しでも収入がある主婦に限って認められるもので、全く収入がない専業主婦の場合にはキャッシングを利用することはできません。

 

またパートやアルバイトなどで少しでも収入がある主婦の場合にも配偶者の同意は必ず必要ですから、配偶者に内緒で利用するということもできません。

 

アコムでは収入のある主婦ならば申し込みが可能です

 

アコムでもやはり専業主婦の利用は難しいのですが、主婦でも多少の安定した収入があれば利用することが可能な場合もあります。

 

主婦の方がアコムで借り入れを行うための条件についてまとめてみました。本審査を受けるためには少なくても次のポイントについてクリアする必要があります。

 

  1. パートやアルバイトなどで数万円でも毎月安定した収入があること
  2. 配偶者も安定した収入を得ていること
  3. 配偶者の同意を得ていること

 

アコムでは審査の通過率が高いといわれていますが、それでも法的な問題から収入が全くない専業主婦の場合には利用するのは難しくなります。